2018年01月30日

Moonlight Melody - Red Velvet 歌詞和訳

달빛 소리 (Moonlight Melody) - Red Velvet (레드벨벳)
作詞:이주형 作曲:이주형, 권덕근
アルバムページはこちら


유난히 더 밝았었던 그 밤 많이 설레하던 나
혹시 내 맘 들킬 것 같아 뒷걸음치던 그날

순간 갑자기 어디에선가 들려오던
귓가를 맴돌던 종소리

달빛일까 우릴 비추던
가만 지켜보다 무슨 말하고 싶었나
들어본 적 없던 그때의 우리
잊을 수 없는 달빛 소리

가끔 아니 사실 많이 그대 생각나는 밤
혹시 내 맘 들릴 것 같아 괜히 창을 닫는 나

문득 갑자기 생각나 혼자 웃곤 했던
귓가에 맴돌던 종소리

달빛일까 우릴 비추던
가만 지켜보다 무슨 말하고 싶었나
들어본 적 없던 그때의 우리
잊을 수 없는 달빛 소리

기억하나요 우릴 위해 노래하고 우릴 위해 축복하던
많은 별들 중에 혼자 유난히 크고 빛이 났던

매일 그 자리에 말없이 있는데 귀 기울여봐도
다시 들어볼 수 없던 내겐 소중한
잊을 수 없는 달빛 소리



▼日本訳(일본어번역)-------

とりわけさらに明るかったその夜たくさんときめくようだった私
ひょっとして私の気持ち見つけられるようで後ずさりしたその日

瞬間突然どこかで聞こえてきた
耳元をぐるぐる回った鐘の音

月の光であろうか私達を照らした
そのまま見守って何か言いたかったか
聞いてみたことなかったその時の私たち
忘れることはできない月の光の声

時々いや事実たくさんあなた思い出す夜
ひょっとして私の気持ち聞こえるようでわけもなく窓(ウィンドウ)を閉じる私

ふと突然思い出して一人で笑ったりした
耳元にぐるぐる回った鐘の音

月の光であろうか私達を照らした
そのまま見守って何か言いたかったか
聞いてみたことなかったその時の私たち
忘れることはできない月の光の声

記憶するのですか私達を大切にしておけってと私達をために祝福した
多くの星のうちに一人でとりわけ大きくて光った

毎日その場に言葉なしにあるのに耳を傾けてみても
再び聞いてみることができなかった私には大切な
忘れることはできない月の光の声


posted by ちょあ at 11:27| Comment(0) | 女性アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: